畳床の裏側に棕櫚を使っている高級な畳の表替えです。

30年以上経過しているので新調をご希望でしたが、流石に高級品だけあって痛みも無いので表替えが可能でした。

1枚当たり 40kgオーバーしているので、持ち運びが大変で・・・(^^;;

腰を労りながら作業に取り掛かります。

まずは、天日干しからスタート!

畳表も高級なのを使います。

防ダニシートを挟み込み

畳表を張りますが、い草が詰まってますので、ゴワゴワカチカチ!

機械貼りではなく、手で引っ張るので大変でした。

このお部屋は江戸間ですが、他のお部屋は本間なので、同じ本間サイズの畳表を使います。

不要な部分は予めカットしますので、一段とキレイになります。

手縫いで仕上げました!

つづく