何度も表替えをした畳は、写真のように前に縫った糸が残っていることがあります。

「いらなくなった糸」は邪魔ですから、本来は抜き取りますが、そのまま作業する畳店が沢山ありますが、前の糸を新しい糸で縫うと、余計に糸が締まったりするので畳床を痛めてしまうことになりますので当店では除去しています。

写真は、複数回縫ってあった糸を抜いたところ(最初のだけ残します)ですが、綺麗に除去するのに数倍の時間がかかってしまうことになります。

敷いてしまえば見えないところですが、ちょっとした手間を惜しまないことが肝心です!